ボタンのSubmitで処理分岐 #Struts #Java

input type="submit"は、valueが表示と値(value)を兼ねているので、

表示される日本語を含む文字が、サーバ側に送信されます。

そのため、日本語でどのボタンが押下されたか判別する必要がありました。

(別途、非表示の値をJavaScriptで修正してSubmitする方法もあります。)

最近のブラウザのbuttonタグでは、サーバへ送信する値(value)とラベルの定義(タグの内容)が完全に別けられており、

ボタンの定義だけで、日本語を含む文字の判定が不要になります。

“ボタンのSubmitで処理分岐 #Struts #Java” の続きを読む