GalaxyNote8のSideSyncをリモートデバッグに使う

GalaxyNote8のSideSyncをリモートデバッグに使います。

準備

Qi対応の無線充電器(おすすめ)

  1. WiFiは充電時のみ常時接続
設定⇨接続⇨WiFi⇨詳細設定⇨スリープ中にWi-Fi接続を維持⇨「充電時」にする

  2. IPは静的取得とし、固定する。(もしくはルータ側でMacアドレス指定のIP固定にする)
設定⇨接続⇨WiFi⇨接続中のWiFiネットワークをロングタップ⇨ネットワーク設定を管理⇨IP設置を「静的」にして任意のIPアドレスを入力
(デートウェイやDNSはそのままで良いはず)

  3. SideSyncをNote8とMac(PC)にインストール
Mac版のインストールには癖がある、システム環境設定⇨セキュリティとプライパイシー⇨プライバシー⇨アクセシビリティ⇨鍵をクリック⇨SideSyncを許可

  4. PCとNote8のSideSyncを起動し接続設定をすませておく

  5. ADBのリモートデバッグ設定をUSBで接続して行う

$ export PATH=$PATH:_Users_kogahirotaka_Library_Android_sdk_platform-tools # AndroidSDKのツールをパスに追加
$ adb tcpip 5555 # PCのポート待機を設定、5555〜5585まで?
$ adb connect 192.168.10.88:5555 # Note8に5555で接続
  1. USBを抜いて、下記のコマンドで端末が存在するか確認
$ adb devices # デバック端末リスト表示(確認用)

接続方法

  1. Qiの上にNote8を置く(WiFi接続)

  2. MacのSideSync起動(基本的に自動起動)

  3. adb tcpipとadb connectで接続

$ adb tcpip 5555
$ adb connect 192.168.10.88:5555
  1. adb shellでNote8のSideSync起動
$ adb shell monkey -p com.sec.android.sidesync30 -c android.intent.category.LAUNCHER 1 # SideSync起動
  1. 使い終わったら、adb disconnectで切断
$ adb disconnect # PCポート切断
$ adb usb # USBモードへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です