HDRタイムラプス動画とHDR静止画で過去と現在の愛兎の様子を監視する(アンチノイズ) #RaspberryPi #PiCamera #Python #rclone

前回、アップロードまで完了しましたが、画像の暗い部分などでノイズが目立つことがあります。

OpenCVにはアンチノイズリダクションに使えるAPIが用意されているので、試しに使って見たいと思います。

結果としては、少し精細感を欠き、処理時間が2倍ぐらい掛かってしまいますが、ノイズを軽減することが出来ました。

アンチノイズ処理は、cv2.imwriteの手前に、下記の処理を追記することで、実現します。

“HDRタイムラプス動画とHDR静止画で過去と現在の愛兎の様子を監視する(アンチノイズ) #RaspberryPi #PiCamera #Python #rclone” の続きを読む

#floating-window ver0.3 様々な操作性改善 #Android #Kotlin #anko #Sony #Smallapps

去年の5月ぐらいから、SonyのSmallAppsの代替にできるフレームワークを目指して、Kotlin+ankoで細々と作っています。

過去、SmallAppViewerというアプリを公開しておりましたが、Smallappsのサポート終了のため、無謀にも自分で作ろうと思い立ちました。

まだまだ、α版にも届いていなく開発も遅いですが、下記を直近の主な目標にしています。

  • Xperia以外の端末で動き、ルート権限不要
  • プラグイン的にアプリを追加できる
  • 一つのアプリを複数ウィンドウで開ける

今回、ver0.3で加えた修正を紹介させて頂きます。

“#floating-window ver0.3 様々な操作性改善 #Android #Kotlin #anko #Sony #Smallapps” の続きを読む

#Windows10 InsiderPreview Enterprise で Windows To Go を試す #macOS #Bootcamp

Macで手軽にWindows環境が欲しいけど、Bootcampで本運用できるほどSSDの容量はあまり大きくないし、

かといって、VirtualBoxなど仮想環境を入れるのも、SSDの容量を圧迫するし動作が重いのでしたくない・・・と思っていましたが、

Windows To Goという機能があるのを知り、自分でWindows To GoをUSBにインストール出来ないか・・・試してみました。

“#Windows10 InsiderPreview Enterprise で Windows To Go を試す #macOS #Bootcamp” の続きを読む

HDRタイムラプス動画とHDR静止画で過去と現在の愛兎の様子を監視する(その4) #RaspberryPi #PiCamera #Python #rclone

前回はHDR画像とタイムラプス動画を作成しましたが、今回はOneDriveへ作成した画像や動画をアップロードします。

アップロードには、よく使われているLinuxでよく使われているrcloneを利用します。

あらかじめ、Microsoftアカウントへの登録をしておき、OneDriveへログインをしておくとスムーズです。

Amazonプライム会員だと、Amazon Cloud Driveへの静止画のアップロードは無制限で、他のバックアップ用途にも流用できそうだったので、事前に検討していましたが、

acd_cliというCLIでAmazon Cloud Driveを扱うツールが開発停止しており、
さらに、rcloneのAmazon Cloud Drive機能も開発停止していたので、契約している容量が一番大きい、OneDriveにしました。

“HDRタイムラプス動画とHDR静止画で過去と現在の愛兎の様子を監視する(その4) #RaspberryPi #PiCamera #Python #rclone” の続きを読む

HDRタイムラプス動画とHDR静止画で過去と現在の愛兎の様子を監視する(その3) #RaspberryPi #PiCamera #Python

前回は明るさの異なる5枚の写真を撮影しましたが、今回はHDR画像とタイムラプス動画を作成します。

タイムラプス動画の作成には、ffmpegを利用します。

ffmpegは出来れば、ハードウェアエンコーダ(h264_omx)が使える方がより良いです。

OpenCVのHDRの作成方法には「Debvec」「Robertson」「Mertenes」の3パターンがあります。

今回は、露光時間が不要な「Mertenes」を利用します。

出来れば、露光時間を与えた方がより良い結果になるそうですが、十分、綺麗だったので、今回は露光時間は渡していません。

“HDRタイムラプス動画とHDR静止画で過去と現在の愛兎の様子を監視する(その3) #RaspberryPi #PiCamera #Python” の続きを読む

HDRタイムラプス動画とHDR静止画で過去と現在の愛兎の様子を監視する(その2) #RaspberryPi #PiCamera #Python

前回から間が空いてしまいましたが、露出を変えて連続で撮影する処理を作成します。

Pythonのfor文でループしつつ、露出を変えて何度も撮影するプログラムを、試作しましたが、

思った様に明るさが変わらないので、試行錯誤した結果、撮影だけのプログラムを別途作成し、別のPythonプログラムからパラメータを変えて連続で呼び出して、

明るさの異なる写真を5枚、取得する様にしました。

明るさが変わらない理由は不明で、シャッター速度・ISO感度を変更してsleep(2〜10秒)しても、2回目以降のループで明るさが変わらなくなります。

しかも、露出補正レベル(exposure_compensation)に関しては、1回目のループでも全く効果がありません。。。。

公式のドキュメントも確認しましたが、露出補正レベル、シャッター速度、ISO感度の使い方は間違っていない様です。

気持ち悪いですが、前述の様にPythonのプロセスを別にすれば、シャッター速度・ISO感度の変更が効いていたので、

撮影とプロセスを別にしました。

“HDRタイムラプス動画とHDR静止画で過去と現在の愛兎の様子を監視する(その2) #RaspberryPi #PiCamera #Python” の続きを読む

HDRタイムラプス動画とHDR静止画で過去と現在の愛兎の様子を監視する(その1) #RaspberryPi #PiCamera #Python

我が家では、RaspberryPiにHomebridgeをインストールし、PiCameraを使って愛兎の様子を外出先でも見れる様にしています。

この方法は欠点があって、何故かHomebridgeが高頻度で「応答なし」になりますし、過去の様子が見れません。

(嫁のiPhoneはあまり応答なしにならないそうです、、、)

それに画質もあまり良く無いので、小さい生き物の様子をみるにはちょっと不十分ですし、たまたま部屋の暗いところに愛兎がいると、画質が悪いのと相乗効果であまり良く見えません。

そこで、ちょっと前からiPhoneなどスマートフォンで、白飛びや黒つぶれが少ないHDRの写真が撮れますが、

OpenCVでも簡単にHDR写真が作れるそうなので、試してみました。

今回は「その1」ということで、PythonにOpenCVやpicameraなど、必要モジュールのインストールと静止画の撮影を行いました。

“HDRタイムラプス動画とHDR静止画で過去と現在の愛兎の様子を監視する(その1) #RaspberryPi #PiCamera #Python” の続きを読む

時間帯でダークカラーに切り替え #WordPress #PHP #子テーマ

前回の記事でも紹介させて頂きましたが、

このブログはWorkpressのデフォルトテーマを親テーマとし、

子テーマでレイアウトをカスタマイズして、全体的にダークカラーに変更しています。

単純に目に優しいのと、黒ベースの方が写真が映えると思い採用しました。汗

かなり、ダークな雰囲気で、個人的にはすごく気に入っていますが、

日中はライトカラーの方が文字が見やすくて、朝ならそんなに目は疲れてないし

ダークカラーじゃないパターンがあっても良いなーと思って、

時間帯で、ダークカラーとライトカラーが切り替わるようにしました。

“時間帯でダークカラーに切り替え #WordPress #PHP #子テーマ” の続きを読む

Windows on ARMを開発者目線で試す(ツール編) #ASUS #NovaGo #NP370QL #Snapdragon

前回、開梱と外観をレビューさせて頂きましたが、

今回は開発環境の構築です!

x86のエミュレートが出来るので、多少、動作が遅くてもそこそこ動くだろうと思ってましたが、

今はx86_64が普及していて、x86の存在が無いことを実感させられました、、、

“Windows on ARMを開発者目線で試す(ツール編) #ASUS #NovaGo #NP370QL #Snapdragon” の続きを読む