#RaspberryPi を据え置きのタブレットPCに

RaspberryPi3 B+と一緒に色々と購入して、据え置きのタブレットPC風にしました!

まだ、用途は考えていません。。。。笑

後々で、電光掲示板がわりに室温とか表示したり、

家庭内の機器をコントロールするマクロボタンを表示したり、

SDカード内の写真と動画を家庭内のNASに自動転送したり、、、したいですね。

また、何かアプリを作ったらご紹介したいと思います。汗

Quattro(クアトロ)ケースにSSD内蔵

赤いQuattro(クアトロ)という2.5inchのHDDが内蔵できるPiケースを購入して、

古めの東芝SSDを、一番下の段に内蔵しました。

Amazonで購入したSATA⇒USB3.0変換で、RaspberryPiに接続しましたが、

消費電力高すぎて他のUSB機器が認識不可。。。

RaspberryPi3 B+ の問題かも??

別のUASP対応のSATA⇒USB3.0変換もAmazonで購入しましたが、、、、

ケースに干渉して使えません。

仕方ないので、必要な時にSATA⇒USB3.0変換を差して運用してます。汗

SSDの消費電力次第だと思いますが、ACアダプタが必須っぽいですね、、、、

意外と便利、ミニキーボード

Amazonで買った、Ewinミニキーボードも追加して

こんな感じで利用してます。

後ろから見たら、こんな感じ。

このミニキーボードは、ちょっとGUIでRaspberryPiを操作したい時に捗ります。

狭いスペースでも置きっぱなしにできるので、邪魔になりません。

最近、上海問屋でも同じ??と思われるものを販売されてますが

AmazonでEwinミニキーボードを買った方が安いです。

タッチパネルのセットアップについて

7インチのタッチパネルはドライバーのインストールは不要で、タッチパネルも認識しますが、

念のため、config.txtを書き換えました。


今回、買ったものリスト

リンク先はKSYです。



ディスプレイ 7″ タッチパネル 1024×600 HDMI+USB for Pi (KSY)



Piケース Quattro(クアトロ) 赤 for 3B+/3/2/B+ (KSY)



Raspberry Pi 3 Model B+ (KSY)

USB電源アダプター 5V/3A 1.5m microUSBコネクター (KSY)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です